アイキララは中学生でも効くの?高校生なら?

最近では10代の若い世代でもクマに悩んでいる方が多くいらっしゃるようです。
「スマホの使いすぎ」「メイク」「ムリなダイエット」など理由は多岐に渡ります。

「アイキララ」は、子供でも使用できるほど安全な成分で作られているので、中学生や高校生でももちろんお使いいただくことができます。

ですが、アイキララに頼る前に、まずは「できること」があるはずです。

アイキララは最終手段と考えて、まずは以下のクマを解消できるテクニックを実践してみましょう。

スマホの使用によってクマができるホントの理由と対策

10代のクマができる原因で、最も可能性が高いのがスマホやパソコンの長時間の使用による影響です。

これは、目を使いすぎたという単純な原因だけではありません。

スマホの長時間の使用は、姿勢を悪化させます。背中が丸まった猫背のような姿勢です。

この姿勢は短時間であれば問題ありませんが、これが習慣化してしまうと、背中・肩・首の筋肉が硬くなり血行が悪化してしまいます。

よく目のクマは「目元の血流が悪くなることで起こる」という記事を目にしますが、実はそれだけではありません。

背中や肩や首の緊張が増すことで、その先にある顔面や目元へ行くはずの血流が滞ってしまう可能性もあるのです。

また、緊張が表情筋へ伝播することで筋の活動が制限され、目元にたるみができるほど筋が退化してしまうこともあります。

36歳OLマイ
36歳OLマイ
目元のマッサージをして「クマがまったく変化がない!」って方は、こちらが原因の可能性大です。

もし、あなたが「最近肩こりがヒドいなぁ。」「首が痛い」など、「こり・痛み」を感じているようなら、今スグにスマホの使用時間を減らしましょう。

その上で、「姿勢を直すトレーニング」「コリを解消するストレッチ」などを実践してください。

女性なら身体の組織が柔らかいので大丈夫!よくなります!

オススメはヨガです!最近はyoutubeにも良いヨガがあるので試してみてください。

36歳OLマイ
36歳OLマイ
10分ヨガとか始めやすくてオススメですよ。

メイクでクマができる理由と対策

最近では、中学生や高校生がメイクをするのも珍しくありません。

ただ、中学生や高校性は高価なコスメは買えませんよね。

そうなると必然的にお値段が安いものを使うことになります。

しかし、安いコスメは多くの化学成分が使われているケースが多く、塗るのも落とすのも肌にダメージを負ってしまうのです。

36歳OLマイ
36歳OLマイ
オーガニック製品すら化学成分が含まれていることもあります。

いくら代謝が良い年代とはいえ、中学生や高校生でもコスメでダメージを蓄積させれば、クマやたるみ、くすみが起こってしまいやすくなります。

付き合いでメイクをすることもあるとは思いますが、キチンと肌を休ませる時間を作るようにしましょう。

計画的に「メイク断食」をすることで、肌へのダメージは回復していきますよ。

ダイエットでクマができる理由と対策

10代であっても女性なら「人からよく見られたい!」と思うのは当然ありますよね。

その想いが強くなりすぎてムリなダイエットで身体をこわす方もいらっしゃいます。

特に成長期である10代に栄養が不足してしまうと、皮膚が薄くなったり血行が悪くなることでアッと言う間に「青や黒クマ」の原因となってしまいます。

なにもダイエットをするなと言ってるワケではありません。

自分の身体の成長に合わせたムリのないダイエットを実践してみてください。

最終手段!アイキララでクマを解消

上記の対応をして、もし変化がなければアイキララを使ってみましょう。

少し高価な商品ですが、あなたのコンプレックスが解消されて楽しい学校生活が送れるなら購入するだけの価値はあると思います。

ただし、「使い方」は必ず守るようにしましょう。

ずさんな管理では効果もなく、お金と時間をムダにするだけです。

こちらのサイトや取扱い説明書を参考に、目元のケアをやってみてくださいね。